在日本印度商業会議所(ICCJ)について

在日本印度商業会議所(ICCJ)は1937年(昭和12年)に設立されました。
ICCJは、日本とインド及び他の諸外国地域との貿易を促進し、日本におけるインド系企業の利益を守るための機関です。

在日本印度商業会議所には現在120社以上のインド系企業、並びに数人の個人メンバーが登録しています。メンバーは、テキスタイル、電気機器、IT関連など様々な分野のビジネスに携わっています。その大部分は30~40年の長きにわたって日本に滞在し、商売を続けています。彼らの卓越した技能、専門知識、そしてビジネスに対する競争意識は世界にも知れ渡っています。

在日本印度商業会議所は各種の商業証書の発行、諸問題の仲裁、またインドコミュニティのために様々なイベントを開催しています。

在日本印度商業会議所は、ここ数年にわたり日印貿易関係拡大の重要な推進力となるべく、メンバーのダイナミックな貿易、経済、投資活動を通して日印両国経済の発展に貢献しています。

Learn more

日印関係

インドと日本の交易は仏教の伝播と共に6世紀から始まりました。
直接の貿易は日本がインド綿を買い求めるようになった明治時代(1868-1912)から開始されました。続いて第二次世界大戦後、日本はインドの鉄鉱石を輸入し始めました。長い間日本はインドの重要な貿易相手国のひとつです。
経済自由化が始まった1991年以降、インド経済は5,5%の成長率を示し、ここ数年でその成長率は8%に加速しています。この著しい経済成長を基盤として、今日インドはBRICS諸国のひとつとして日本企業の関心を惹きつけています。

Learn more

National Song